コロナウィルスの ため、仕事(しごと)や お金(かね)が なくなった ときの 生活(せいかつ)支援(しえん)

仕事(しごと)が 休(やす)みに なり、お金(かね)が 入(はい)らない ときには、20万円(まんえん)を*無利子(むりし)で 借(か)りる ことが できます。
     ☟
 緊急小口資金の特例貸付

*無利子(むりし) …借(か)りた お金(かね)だけ かえす こと。借(か)りたお金(かね)より たくさん かえさなくて いい。

ほかにも、

仕事(しごと)を 失(うし)なった ときは、45~60万円(まんえん)を 無利子(むりし)で 借(か)りる ことが できます。
   ☟
 総合支援資金

どちらも、住(す)んでいる 町(まち)の、社会福祉協議会(しゃかいふくしきょうぎかい)に いきます。      

必要(ひつよう)な もの 

  1. 本人(ほんにん)が 確認(かくにん)できる もの
    または 住民票(じゅうみんひょう)
  2. 給料明細(きゅうりょうめいさい)・・・お金(かね)が 少(すく)なくなった ことが わかる 書類(しょるい)

そのほかの、支援(しえん)に ついては、した↓の 表(ひょう)に まとめて います。

朝日新聞4月5日記事より
現金(げんきん)給付(きゅうふ)だけ じゃない、新型(しんがた)コロナから 生活(せいかつ)を 守(まも)る 支援一覧(しえんいちらん) 4月5日 朝日デジタル記事より